お知らせ

お知らせ

『認知科学』に追悼特集が掲載されました

『認知科学』30巻4号に特集「鈴木宏昭 追悼」が組まれています。進化とプロジェクションを論じた遺稿も採録されておりますのでぜひご覧ください。【巻頭言】信じられないこと鈴木 敦子【特集】特集「鈴木宏昭 追悼」編集にあたって三輪 和久, 寺尾 ...
お知らせ

鈴木先生を偲ぶ会が催されました

去る7月22日、青山学院大学にて鈴木先生を偲ぶ会が催されました。鈴木研究室の卒業生のほか、青山学院大学社会情報学研究科ヒューマンイノベーションコースの関係者30名あまりが集まり、同コースの設立以来、学習学言論、創発認知特論などの講義を受け持...
etc

追悼シンポジウム「認知科学のこれまでとこれから」開催

 6月24日土曜日に「認知科学のこれまでとこれから」と題して,故鈴木宏昭教授の業績を振り返りながら認知科学の発展プロセスをたどった。会場となった福武ラーニングシアターには12時30分の開場より前に多くの参加者が集まった。 名古屋大学の川合伸...
お知らせ

【お知らせ】追悼シンポジウム開催(2023/6/24)

公開シンポジウム「認知科学のこれまでとこれから」開催のご案内このたび鈴木宏昭先生の追悼シンポジウムを開催することとなりましたので、以下の通りご案内いたします。+++日時:2023年6月24日(土)13:00~18:00会場:東京大学大学院 ...
お知らせ

【お知らせ】過去記事の再投稿

鈴木宏昭先生は1990年代後半からブログを不定期更新されていましたが,何度かサーバの引っ越しをされる過程で,いくつかの記事が非公開で読めない状態となっています.それらの記事の内容は日常の出来事から研究メモまで多種多様ですが,中には2000年...
お知らせ

【お知らせ】このサイトについて

現在このサイトは故・鈴木宏昭先生の業績をアーカイブすることなどを目的に,青山学院大学社会情報学研究科ヒューマンイノベーションコースおよび旧鈴木研究室の関係者により管理されています.
diary

おめでとうとごめんなさい

おめでとう: まず明けましておめでとうございます.本年もどうぞよろしく.昨年から私が所属することを誇りに思う日本認知科学会の会長という重責を担うことになりました.大変でしょうが頑張ってくださいとよくいわれますが,実は大変ではありません.理由...
インタフェース

「使いやすさの認知科学」刊行

私が編集委員をしている認知学の探求シリーズの新刊が出ました。「使いやすさの認知科学」です。目次はここです。この本は確か1998年に「認知科学」誌で法政の原田さんが担当したインタフェース特集をもとにしたものです。ここで言うべきことは、何よりも...
お知らせ

認知科学辞典刊行

今回は、表記の通り単なるお知らせです。認知科学辞典がついに刊行されました。私は「思考」という分野の編集委員をしていたのですが、本当に長かったなぁ、という気持ちです。この編集に関わる、最初のメールは1997年の7月になっています(おそらくその...